Naturally unSayable

un38ble.blog95.fc2.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/06/28 [Thu]

my dear harinez

ソーダイさんがくれたハリネズミくん。
彼と出会った時には心が震えました。
ずっと探していたけれど
これほど私の理想にヒットするハリネズミが
いまだかつて いたでしょうか。
そのくらい、私の好みにストライク。

haribo

しかもこのハリのマント部分は着脱可能です。
マントを脱がされた頼りなげな姿もいとしい子です。
仲人・ソーダイさんありがとう!!

名前を何にしようか考え中です。
一般公募も受け付けてます。
スポンサーサイト
2007/06/28 [Thu]

Together again !

6月23日。大学時代の友人と再会!
明佳 大分へおかえりなさい!
懐かしい顔が揃った嬉しい一日。
私の庭、久住へお誘いしました。

lunchは前々から気になっていた"Cafe BoiBoi"で。
高原をのぞむテラスで名物のカレーライスにトライ。
cafe boiboi

ここのお店では「箸袋」も販売しています。
以前買った「箸袋」はマイ箸運動家の同志に差し上げたので
自分のをここで買いました。
探してもなかなか売っていないんよね、箸袋。

お店の人と話して分かったことですが、
割り箸は割り箸でも、竹の割り箸は使ったほうが良いそうです。
竹の割り箸は国産で、竹林は定期的に刈らないと荒れてしまうからだそう。
マイ箸運動家の皆さんは、是非気に留めてみてください。

稲積水中鍾乳洞。
青い水がとってもきれいだけれど
雨のお天気のせいか少し濁っていたなあ。
施設はいろいろ変わって前よりきれいになっていました。
inazumi

夜は母校、APUへ。
このメンバーでこの場所にいると
今も変わらず学生でいるような気がしてたまらない。
キャンパスを歩きながら、「あの授業だけど・・・」と
ふざけて言ってみたりして。
apu at night

卒業してもう4年目なんてね。

haruka_koreanweek

キャンパス内にはあちこちに韓国の国旗「大極旗」(テグッキ)が。
「今週は韓国語ウィークかなあー。」
2007/06/27 [Wed]

美と表現。シャーリー・マクレーン。

シャーリー・マクレーンという女優さんには
以前 著作を読んだ時から惹かれていた。
「愛と追憶の日々」で初めて彼女の演技を見た。
好き嫌い云々を超えて、強烈。
彼女は本物なんだろうと思う。

こういうものに遭遇すると、必ず歌につなげて考えてしまう。
歌にも、声の美しさや好みを超えたところで
強烈に引き込まれてしまう表現というものがあるから。
魂に訴えかける手段として 美しさを求めながら
美しいかどうか、が問題でなくなる境地というものは
確かに存在する。
2007/06/27 [Wed]

Midsummer's Eve

6月22日は夏至です。
その夜に、Candle Night というイベントがあるのをご存知ですか?
20時から22時の2時間、いっせいに電気を消して
キャンドルの灯りで夜を過ごそうという企画です。
「100万人のキャンドルナイト」とも呼ばれ、
毎年、夏至と冬至に全国規模で行なわれています。

キャンドルの灯りのもとで何をするかは自由!
省エネについて、未来について考えるもよし。
食事やお喋りを楽しむもよし。

私も近しい仲間と21-22の夜にかけて Candle Night を決行。
キャンドルの灯りは、人の心を穏やかに平和にするみたい。
今回は見送ったあなたも、次回はぜひ家族や親しい人たちと。
Candle Night の輪が広がってゆきますように。

candle night
2007/06/25 [Mon]

Terms of Endearment(1983・米)

terms of endearment

「愛と追憶の日々」

色々な愛の形が登場した映画でした。
色々な愛によって生かされている、そしてそのひとつひとつが深い。
それが 「おとな」 なんだろうなぁと思った。
また何年後かにもう一度観たい。
2007/06/21 [Thu]

cooking, cookies

cookies

久しぶりにクッキーを焼きました。
うちのオーブンはかなり年季が入っているので
温度調節がうまくいかず、焦がしてしまったり反対に柔らかすぎたりで
出来上がりが予定より随分少なくなってしまいました。

ほんとはいろんな人にあげたかったのだけど、残念。
また今度挑戦しよう。
2007/06/21 [Thu]

Roses

roses

2007/06/20 [Wed]

L'Elisir d'Amore (Opera on DVD)

L’Elisir d’Amore

ドニゼッティ 「愛の妙薬」
Live Recording: ウィーン国立歌劇場, April 2005


主役ネモリーノはメキシコ出身のテノール、ロランド・ヴィラゾン。
相手役のアディーナには世界的な人気を誇る美貌のソプラノ、アンナ・ネトレプコ。

何と言ってもこのオペラの聴きどころは、
ネモリーノが歌う 「Una furtiva lagrima(人知れぬ涙)」。
ロランド・ヴィラゾンの演奏はどこか神々しく
彼はこの曲で完全に聴衆の心をさらっていってしまいました。すごい。
今をときめく華のソプラノ・ネトレプコを完全に圧倒。
素晴らしいパフォーマンス。そして感動的なアンコール。

このオペラの初演は175年前の、私がこのDVDを観た日でした。
(1832年5月12日、ミラノのカノッピアーナ劇場)
すてきな偶然。
2007/06/18 [Mon]

my life without me(2002・Canada)

my life without me

「死ぬまでにしたい10のこと」

ずぅっと観たかった映画。
やっと観ることができました。

「今この瞬間がすべて」。
この映画とも、それに気付く流れの中で出会っている気がします。

このレビュー、何度も修正してその度に保留にしていました。
そのくらい言いたいことを書くのが難しい。
2007/06/17 [Sun]

Middle June

ajisai

庭の紫陽花がきれいに咲いています。
もう6月も半ばです。

さて 今日もレッスンで歌ってきました!
そして今日もつぶれてきました。。。
今日は体が全然機能していない感じ。まったく駄目でした。
それでも最後まで前を向いて頑張りました。

歌が気付かせてくれたことは
それこそ山ほどあるけれど
ひとつには 瞬間に自分の全存在を賭けるということです。
もてるパワーと集中力を総動員して
一瞬、一瞬に自分を賭ける。
もちろん、歌だけでなく人生全般において
それが私の理想とするところ。
でも歌は特に顕著にそれが体感できます。

このblogは私の音楽日記になるはずだったのに
archiveを見てみたら、びっくりするほど
音楽のことを書いていないことが判明しました。
これからはもうちょっと書こうと思います。
書く機会も増えると思います。

というのも、8月5日の日曜日が声楽の発表会になりました。
これからの1ヶ月半は今までの総仕上げをする時間。
ここでもちょこちょこ経過を報告していきますね。
2007/06/16 [Sat]

harinez clips

かわいい。
ハリネズミファンにはたまりません。
harinez_clips

私は「ハリネズミ」という日本語の語感もすきです。
残念ながら英語ではあまりかわいくないのですが。。。
"hedgehog"(ヘッジホッグ)では
ハリネズミのかわいらしさを正しく伝えられないと思うのだけど。
日本語のほうが断然かわいいですね。ハリネズミ。
2007/06/16 [Sat]

too lovely

キャンドル。
キノコの中には妖精が住んでいそう。
あまりにかわいくて火が点けれない。。。
kinoko_candle

2007/06/16 [Sat]

An Affair to Remember(1957・米)

An Affair to Remember

「めぐり逢い」


古い映画もいいなぁと思いました。
一人でいても、二人のために生きる。
人によってフォーカスするところは違うと思うけれど
私の場合、この映画はこの一言に尽きます。
ハッピーエンドかどうかは問題じゃなくて
そんな時間を生きている二人の姿がほんとに素敵です。
デボラ・カーの凛とした美しさが心に残りました。

映画「めぐり逢えたら」のモチーフになっているこの作品。
偶然にも「めぐり逢えたら」を観たその日にテレビで放送されていました。
放送が観れなかったので早速DVDを借りに走った。
そんなめぐり逢いでした。
2007/06/12 [Tue]

Live !!

土曜日、樋口了一さんライブ @トキハ「Café 銀次郎」。
ksukeさん 教えてくれてありがとう。

ひと月ぶりに聴く樋口さんの生の歌。
またまた素敵な時間でした。良いです。とっても。
「1/6の夢旅人2002」はやっぱり元気が出ます。
Carol King のカヴァー曲「You've Got A Friend」には感動しました。

欲しかったCDも無事 get。
サインしてもらいました
すでにお家ではヘビーローテーションのBGMです。
「ほのうた」、かわいいです。いやされます。
ryoichi higuchi cds
2007/06/12 [Tue]

SLEEPLESS IN SEATTLE(1993・米)

sleepless in seattle

「めぐり逢えたら」


"It's a sign !" 「運命だよ!」

「セレンディピティ」に続き、どうしてこんな台詞をよく耳にするのだろう?
人は sign に導かれているものなのかも知れない。

微塵のためらいもなくHappy & Romantic なストーリーは天晴れ。
ためらいなく幸せになりたい時に。
2007/06/12 [Tue]

Eternal Sunshine of the Spotless Mind(2004・米)

eternal sunshine

「エターナル・サンシャイン」


2回観て、やっとこの映画との付き合い方・楽しみ方が分かってきました。
(1回目は完全に置いて行かれて眠たくなった。。。)
とにかくユニーク。
そして愛する気持ちにあふれた映画です。
これはゴンドリー監督のファンタジー。
監督の新作 「恋愛睡眠のすすめ」 の性格もこれで大体分かったような。。。
2007/06/07 [Thu]

DAS LEBEN DER ANDEREN / THE LIVES OF OTHERS(2006・独)

DAS LEBEN DER ANDEREN

「善き人のためのソナタ」。

肝心のソナタは期待したようなものではなかった。
けれど作品自体には満足。
映画館で観ると、腑に落ちない感じが残ることが良くあるけれど
これは久しぶりに気持ちよく映画館を出れた作品でした。
2007/06/07 [Thu]

森は静かに

someone said...

あなたがもっている
才能を使いなさい。
一番美しい声の鳥しか
鳴かなかったら
森は静かになってしまうだろう。
2007/06/06 [Wed]

Sunny !

tsukigata

いーいお天気になりました。暑い!
今日はゴルフコンペの収録。
夏の特番祭りの幕開けです。
これからほぼ月1のペースで何かしら外に出ることに。
もう3年目なのですべてが 「これで最後」 になります。
2007/06/04 [Mon]

slow sunday

にちようび、別府市・山田別荘で開催された
"BeGood Cafe OITA"。
begood cafe

スローフードやエコをテーマとしたショップが出店するアットホームなイベント。
スロービジネスについてのトークライブと
日本の古代楽器「笙」のライブもありました。

そのあと、前から行きたかった別府市のキャンドル屋さん「もりのともしび」へ。
チコちゃんというハイテンションなチワワが迎えてくれます。
抱きしめたら骨折しそうなくらい華奢な、可愛い子です。

ここは別府湾を臨むテラスもあって、ちょっとしたお茶もいただけます。
わたしはカフェ・モカ。小学生のお嬢さんが作ったというお菓子はサービス!
slowな日曜の午後にぴったりの場所。
morino_tomoshibi

candle cafe

お店でガラスの火屋がついた森林浴の香りのアロマキャンドルを購入しました。
夏至のキャンドルナイトにデビューさせようと思っていたのに、
待ちきれるわけもなく。
elephant & candle

ほのかなグリーンがきれい。
2007/06/03 [Sun]

MESSAGE IN A BOTTLE(1999・米)

message in a bottle

2007/06/03 [Sun]

Pay it Forward(2000・米)

pay it forward

2007/06/03 [Sun]

THE SHAWSHANK REDEMPTION(1994・米)

the shawshank redemption

「ショーシャンクの空に」

 | HOME | 

プロフィール

Saya

Author:Saya
Journeys end in lovers meeting.
---Shakespeare

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。