Naturally unSayable

un38ble.blog95.fc2.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/07/28 [Sat]

初の映像翻訳。

映画俳優のインタビューの英語コメントを訳しながら
スーパーを作る作業をしました。

いかに見やすく、要点を得た適切な訳で
一番真意の伝わりやすいものにするか。
文書の翻訳とはまた視点が違って面白い!!

納得いくまでVTRをチェックさせてもらったり
編集さんの協力のお蔭で良い仕事ができました。
これが本当の「仕事」ってものだなぁ。と深く深く思いました。

すばらしい仕事をさせてもらった。
皆さんに感謝。

ちなみに映画は「トランスフォーマー」、
主演シャイア・ラブーフさんのインタビューでした。

at work

お仕事中。
手前のパソコンでスーパーを作ります。
奥ではVTRを編集中。
スポンサーサイト
2007/07/28 [Sat]

吉本ばなな 「バナタイム」

バナタイム

2007年7月25日 吉本ばなな「バナタイム」を読んだ。

出会ってしまったかも知れない。
もう、自分がどこへ行こうと、どこで暮らそうと
決してこの本が私の側を離れないことが分かっている。

吉本ばななは、今までに「TSUGUMI」と「マリカの永い夜/バリ夢日記」
を読んで大した感想ももたなかった。
けれどこれは。
なんて私自身に必要だったのだろう。

この本は私の鏡である (鑑ではなく鏡、である) 友人が紹介してくれた。
この本を手に入れた経緯は詳しくは書かないが、
やっぱりちょっと不思議な力が働いていたのを感じる。
あの広い広い紀伊国屋の中で、なんの苦もなく私はあっさりと
「バナタイム」の待つ書棚の前に立っていた。
探し出したというより、連れて行かれた感じがあった。

家に帰ってお夕飯を済ませてから、バナタイムに手が伸びた。
30分。1時間。1時間半。2時間かからないで読み終えた。息もつかずに読んだ。
驚いた。そして人生の不思議を感じた。

これこそ私が読みたかったものだ。
最終章で最近の私のキーワードがそのままの言葉で書かれていたのを見た時には
「ああ、やっぱり」と思った。この本とは出会うべくして出会っているのだ。

本を紹介してくれた私の鏡にメールで衝撃を報告した。
鏡とはいつもとても独特なやりとりをしている。
メールであっても、面と向かい合っても。
今日も他の誰ともしないような、不思議な、心温まる言葉を交換した。
今夜はこの一言で事足りたけれど。

「人生って、不思議。」
2007/07/27 [Fri]

「Cembalo Revolution 2002」

cembalo revolution 2002

「チェンバロ・レボリューション 2002」
有橋 淑和(ありはし すみな)

ディズニーランドのエレクトリカル・パレードの音楽が
もとはチェンバロのために書かれたものだったなんて!!
「Baroque Hoedown(バロック・ホーダウン)」という曲。
意外や意外だけれど、チェンバロで聴くと
これがびっくりするほどしっくりきて納得!

ラヴェルの 「スピネットを弾くアンヌ」
とても素敵。ちょっと映画のBGMになりそうな。
確実に、私の人生のBGMには入るでしょう。
しかも、もとは歌曲なんだそう!探してみよう。
2007/07/27 [Fri]

「Largo」

報道制作フロアの常務が音楽通で、いつもCDやDVDを貸してくれる。
聞き流しでは勿体ないので、この機会に鑑賞記録をつけてみよう。

largo

「Largo」アンサンブル・プラネタ

クラシック・ア・カペラ グループ。
発音がもやもや。ふわふわ。
どうやら言葉は重視されていないらしい。
日本語さえもよく聞き取れない。
音楽というよりも、清涼な空気のような感じ。
BGMやヒーリング・ミュージックとして聞き流すには適格。
2007/07/21 [Sat]

ビルクルのこと。

きょうのお客さま。
mikaちゃん・ひてんくん・犬のメリーちゃん、いらっしゃい!

一緒にお絵描き。
oekaki

「かいじゅうを、『こだま』がやっつけた」んだそう。
こだまって新幹線の??
子どもの発想ってすばらしい。

「メリーちゃんにどうぶつずかんのいぬをみせる」 こころみ。
by the window

mikaちゃんの話では、ひてんくんが
「ビルクル」という正体不明のものの話をするんだそう。
「ビルクル」は会話のはしばしに出てきて、しかも何にでもなれるけれど
私たちには見えない。
私がちいさい頃、風や雨を相手におしゃべりしていたような感じかな?

いつのことになるやら・・・だけど
自分の子どもとは毎日いっしょにクリエイティヴなことができる
と思ったら嬉しい。
料理でも、お絵描きでも、歌でもいいし
「ビルクル」の話でもいいな。
2007/07/21 [Sat]

Harry Bow's shop OPEN !

わたくし saya と Harry Bow が展開する
新感覚・妄想ショップ "Harry Bow" が open します。

"Harry Bow" ブランドシールを作成中。
stamps

記念すべき "Harry Bow" 初の商品はアールグレイのクッキー。
KEYSのみなさんへのプレゼント。
earlgrey cookies

Harry Bow ショップオーナー 兼 イメージモデル
うちの Harry Bow。
harry bow behind the cookies

みなさん、"Harry Bow" をどうぞよろしくお願いします。
2007/07/16 [Mon]

A free spirit

日曜日。レッスンの帰り。
寄り道してミスドに行った。
大好きなチュロを食べてカフェオレを飲んで、
楽譜とにらめっこしたりぼーっとしたり。
ジャスコをぶらぶらしてお花を買って帰った。
7時くらいだったけれど、夕方の風がとても気持ちよくて
台風が老廃物をすべて洗い落としていったかのように
空はなんの迷いもない素直な青い色をしていた。
お花をかごに入れて歩いているだけで嬉しくなった。
ここに私がいるだけで嬉しくなる、そんなの何ヶ月ぶりだろう。
ただこころが自由であるというだけで。

pink
2007/07/15 [Sun]

Countdown

レッスン。
そしてピアニストと、発表会前最後の伴奏合わせ。

練習不足が心配の種。
でも今日はまずまず歌えて、肝心の伴奏合わせもほぼ問題なし。
「ほっ」。。。

いかんいかん、これで調子に乗ってはいかん。
あと半月と少しで本番。
それまでの一瞬一瞬が今までの総仕上げ。
恥ずかしくない自分で発表会の舞台に上がれるように。

07-07-15_15-32.jpg
2007/07/15 [Sun]

魂の願い

evening clowds

魂が自由であることが、
生きていくうえで一番難しい。
私も、いくつになっても、
何ものにもとらわれないで
生きていきたいと思っています。
それが私の願いです。

― 黒柳徹子
2007/07/15 [Sun]

Harry's friends

ボクの仲間がこんなに増えたよ。
harinez collection

2007/07/15 [Sun]

777 at Shikanoshima

2007年7月7日の七夕は
福岡県の志賀島(しかのしま)で過ごしました。
ここに来るのは4度目。
だんだん島にも性格があることが分かってきました。
どんな土地にも性格はあるのだけど
小さな島は特に個性が強い感じがします。
そういう気性の土地に来れることは
すごく面白みのある特別な人と縁ができた感じです。
毎回来ては島に挨拶します。

七夕の夜の花火。
hanabi_2

hanabi_3

星が降っているみたい。
hanabi_1

翌日の朝は雨。
布団の中で聴く雨音は心地良いけれど
散歩に行けばよかった。
海や森に会いに行きたかったなぁ。
2007/07/14 [Sat]

Saya's Aquarium vol.2

を連想させる。愛を感じます。
heart penquins

このこはたぶん、baby penguin。
すくすく大きくなって欲しいものです。
また会いに来るからね。
baby penquin

penguin たちがぷかぷかしてるこの平和な感じ。
penguin world

あまりのかわいさにひとり連れて帰・・・
るわけにもいかないので、これでがまんがまん。
candle
2007/07/14 [Sat]

Saya's Aquarium vol.1

Saya's aquarius aquarium.

ニョロニョロ発見!と思ったら。。。
「チンアナゴ」の皆さん。
nyoro-nyoro

君もムーミン谷に出てきそうやね?
どことなく愛嬌があるウーパールーパーくん。
axolotl

Jellyfish くんの頭には幸せの四つ葉マーク。
jellyfish

堂々たる Dolphin くん。
dolphins

ラッコラッコラッコラッコ♪ は高速すぎて写らず。
鬼気迫る泳ぎ?いえいえ、ほんとは癒し系です。
sea-otter
2007/07/13 [Fri]

Birthday Trip

めぐみ、お誕生日おめでとう
これからも息抜きしつつ、試験勉強がんばりよね
旅行しているときのめぐみが一番めぐみらしい気がするよ。
はやく新たな土地へ旅立てることを祈って。
そしていつかまた一緒に旅行できますように。
そうなったら行き先は、やっぱり「秘境」かな?!

古い歳のしめくくりと新たな歳の門出は、小さな旅でお祝い。

Birthday Trip 2007

with_jellyfish

aquarium

Usa Shrine
2007/07/13 [Fri]

桜井章一 「 壁をブチ破る最強の言葉 」

壁をブチ破る最強の言葉

ソーダイさんより拝借。
20年間無敗の雀鬼の著書ということで、私には未体験のジャンル。
でも参考になる、いいえ 「壁をブチ破」ってくれる言葉は確かにありました。

一番印象に残ったのは、

「勘を育てる」
「一瞬で判断する」
「スピードを大切にする (最終的にスピードが気にならなくなるくらい)」
等々。

どれも麻雀について書かれたことだけれど
歌にとても当てはまる気がします。
私の歌は考えすぎとよく言われる。
これを読んで、私は頭で歌おうとしていたなぁーと改めて思った。
歌はもっと運動に近いものなんだ。瞬間の反応の反復訓練。
練習への向かい方も変わってきそうです。
2007/07/13 [Fri]

Mr. Harry Bow

mr. harry bow

ボクの名前が
Harry Bow
ハリー・ボウ になったよ。
ksukeさん・ソーダイさん・sayaちゃんが考えてくれたよ。
ボクのいないところでいつのまにか決まってたよ。

よろしくね。
2007/07/03 [Tue]

憑神(つきがみ) (2007・日本)

憑神

7月1日、パークプレイスにて。

笑いあり、メッセージ性あり?
盛り沢山で全体の印象はまとまらない。
作っている人たちが好き放題に楽しんだんだろうな~と思う。
そのはちゃめちゃ加減を楽しませてもらいました。

2007/07/03 [Tue]

A PRICE ABOVE RUBIES(1998・米)

a price above rubies

「しあわせ色のルビー」
6月30日鑑賞。

ユダヤ教徒の従順な妻ソニアは、自らの隠れた才能と情熱を発見する。
すべてから「自由」になる女の物語。
2007/07/03 [Tue]

SIDEWAYS(2004・米)

sideways

「サイドウェイ」
6月28日鑑賞。

きっと、ワイン好きには堪らない1本。
ワイン(pinot)を飲みながら観るのが正しい観方です。
ああ、私もワインが美味しく飲めたらな。
chillがくるので、甘口の白を舐めるように飲んで我慢、我慢。

いつかまた、観るつもり。
ワインみたいに時間をおいて味わい深くなっていることを期待して。
私も MilesとJackのような旅がしたいな。
もっとも、Jackのような世話の焼ける道連れは勘弁だけれど。

 | HOME | 

プロフィール

Saya

Author:Saya
Journeys end in lovers meeting.
---Shakespeare

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。