Naturally unSayable

un38ble.blog95.fc2.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/11/26 [Wed]

2008.11.26.16.44

beau soir

11月26日 午後4時44分の空です。

kensou-unn

絹層雲 「けんそううん」 というのだと教えてもらいました。
仕事中、窓から空を見上げた誰かが気付いて
みんなで外に出て写真を撮ったり空を見上げたりしました。

絹層雲がこんなに綺麗に出るのは珍しいみたいです。
スポンサーサイト
2008/11/26 [Wed]

3rd Dance Lesson

月曜日は3度目の Irish Dance のクラスでした。
今回も Reel、Jig、Slip-Jig の3種のリズムに合わせたステップを復習。
まだまだですが、だいぶステップを覚えて楽しくなってきました!

そのクラスの前日。
実は体調を崩してしまい、久しぶりにきつい思いをしました。
洋服や布団さえも重い。。。表情を作る力もない。
普段当たり前のように重力に逆らって立ったり
美味しくて不健康なものを嗜んだり、微笑んだりできるのは
体が頑張ってくれているからだ。。。と気付きました。

「ご縁玉」を観ていても思ったけれど
「体に感謝する」、これがいまの私へのメッセージだったみたいです。
私の体は、歌でも踊りでも好きなことを私にさせてくれる。
自分のものと思い上がらず、もっと大切にしよう。と思いました。
2008/11/22 [Sat]

P.S. I Love You

11月21日は、一日に2回、映画館に足を運びました。
出勤前に、「ご縁玉」。
そして仕事のあと、前から観たかった「P.S. アイラヴユー」をついに観てきました。

良い評判を聞いていて、特に期待しすぎていた訳でもないと思うけれど
実際には。。。想像していたのと少し、違ったかな。
もっとしっとりとした映画かと思っていました。

これを観にいった動機のひとつは、アイルランドです。
そう、この映画には私のなかで今一番熱い国、アイルランドが登場するのです。
やっぱりアイルランドに行きたくなりました。来年は、行けるかな?
今年はアイルランド関係のイヴェントが多くて
私の中での Ireland year でした。


scene_ireland

「P.S. アイラヴユー」 2007/America
2008/11/22 [Sat]

ご縁玉 GOENDAMA

乳ガンを患う大分の元養護教諭・山田泉さんは、
最後の旅行の地にパリを選びます。
そこで出会ったチェリスト、エリック-マリア・クテュリエに
ご縁のしるしとして五円玉を渡した泉さん。
エリック-マリアは五円玉に導かれるように
パリから大分に住む彼女のもとへと旅立ちます。


ご縁玉

「ご縁玉 GOENDAMA」
2008年/江口 方康 監督

素晴らしい作品でした。心に染みる作品でした。
生きているということのすぐ裏側に、死がある。
今どれだけ普通の生活を送っていても、そういうことを思い出します。
こうして体をもって、ふれあったり奏でたり聴いたりできる
ということの歓びを 改めて感じます。
映画館を出て見上げた空の青が、あざやかに みずみずしく映りました。

幸せや歓びというものはどこにもなくて
ただ自分の心を耕すことによってのみ 見えるようになるのだということ
こんなにいい映画を観たあとでも
生活は日常の顔をして 続いていくんだなあ。
けれど、いつもそういう心をもって
空を見上げていたい。

  *  *  *

この映画を観た11月21日、
山田泉さんは入院先の病院で永眠されたそうです。
ご冥福をお祈りいたします。
2008/11/15 [Sat]

Birthday Party

maya さんのお誕生日。
Happy Birthday!!
2月14日のケーキと紅茶でお祝い。
家族それぞれが好きなティーカップを選びました。

birthday teas
2008/11/13 [Thu]

Baobab Night

ひさしぶりに Baobab のライブに行ってきました。
Baobab presents "音の庭" at AT HALL です。
去年も行きましたね。このイヴェント。

オリジナルのDia Danza、Twin Trees、Journey、My green。
そしてアイリッシュ音楽から Butterfly と知らない曲がありました。
ついリズムに合わせて Irish Dance のステップを想像してしまう私がいました。
ひさしぶりの live で森林浴に行ったような気分。
彼らの音には清涼な空気を感じます。
ソーダイくん情報どうもありがとう
2008/11/04 [Tue]

Time for a CHANGE.

Obama or McCain ?

米大統領選挙、とうとう始まりましたね。
アメリカには今まで大して興味がなかった私も、
今夜ばかりは興味津々でニュースに見入っています。
私はどちらを支持しているということもないけれど、
熱望される大変革を象徴する存在として
時代の追い風を受けているのは Obama 氏ですね。

日本時間で明日の昼には当確が出ます。
私たちに、そして次の世代に
平和をもたらすことのできるリーダーが選ばれますように。
地球の裏から祈っています。
2008/11/03 [Mon]

地球交響曲第五番

gaiasymphony_5
「地球交響曲 (ガイアシンフォニー) 第5番」
2004年/龍村 仁 監督
2008/11/02 [Sun]

where am I going

移動が多くてちょっと疲れたお休みでした。
でも、電車に乗っている時間は特別な気がします。考えごとの時間。
どこかからどこかへ移動しているとき、それは私にとってなぜかいつも
過去、現在、未来、そしてそれらを繋いでいる今という時間について
考えるひとときです。

私はどこにいるのか。
なぜここにいるのか。
どこへ行こうとしているのか。

その時間はさみしくて、心細くて、自由で
好きというのとは少し違うような気がするけれど、でも必要なような気がします。
2008/11/02 [Sun]

short trip to Fukuoka

週末のお休みを使って福岡に行って来ました。
今回の小旅行の目的は、

1. 「地球交響曲 (ガイアシンフォニー) 第5番」の上映会に参加する
2. Irish dance の自主練習会に参加する
3. 九州日仏学館 (仏大使館直属の仏語学校) を見学

です。
土曜日、 ガイアシンフォニーを観に行き、
日曜日、Irish dance の自主練習会に参加してから日仏学館へ行きました。

ガイアシンフォニーは、感動で鳥肌が立ちっぱなしでした。
とてつもなく大きなメッセージのあるドキュメンタリーフィルムです。
感じたことを別に書きたいと思います。

Irish dance の自主練習会には、人数は少ないものの
九州各地から参加者が集まっていて驚きました。
教則DVDを観たり経験者に教えてもらいながらの練習。
やっぱり、福岡にも先生が欲しいなあー。先生、来ーい!!

そして、練習会が終わってから行った日仏学館は、なんとお休みでしたが
図書ルームなど鍵もかかっておらず( いいの?)自由に入れたので
ゆっくり見てパンフレットを数枚いただいて帰りました。
さすが福岡校、きれい。

mediateque


こんな充実したお休みでしたが、一番楽しかったのは、
久々に JULIET's LETTERS という紙製品のお店に行けたこと
だったりします。
素敵なデスク周りの小物類を見て歩きました。また来よう。
カードや文房具が好きな私は、どうもこういうお店に弱いみたいです。

 | HOME | 

プロフィール

Saya

Author:Saya
Journeys end in lovers meeting.
---Shakespeare

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。