Naturally unSayable

un38ble.blog95.fc2.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/07/22 [Tue]

「秋の月」

先日、blog にも書いたインターナショナル・サマースクールですが、
今回は諸事情で参加を辞退しました。
その代わり、今夏は大分で滝廉太郎記念コンクールを受け
その前後に東京から来る先生のレッスンがあります。

from taki's garden

滝廉太郎記念コンクールでは課題曲の中から「秋の月」を選びました。
滝廉太郎というと、「荒城の月」などが有名ですが
この「秋の月」は楽譜見開き1枚の短い曲。
その中に、秋の澄み切った夜風が吹き、冴え冴えと世界を照らす月があります。
本当に、このようなそれ自体が小さな宇宙のような作品こそ、
作曲者の情念に触れ、魂を通わせるのに
最適なのではないかと私は思っています。。。

私が生まれた竹田市には、滝廉太郎が暮らした家(記念館)があります。
この曲を聴くと、その家の縁側に座って眺めた空を思い出します。
秋の気配が色濃い、夏の終わりの夕暮れでした。

滝廉太郎の家の来客帳には訪れる度に記帳していますが、
その時は 「『秋の月』を歌いたい」 と書いたことを思い出します。
今年も、舞台に立つ前にあの家に行って、縁側に座り
空を眺めて暫しの時間を過ごしてこようと思います。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを投稿する


管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://un38ble.blog95.fc2.com/tb.php/223-5d6b56a4

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

プロフィール

Saya

Author:Saya
Journeys end in lovers meeting.
---Shakespeare

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。